【ネット広告・指標用語編】初めての広告効果測定


Webマーケティングにおいて今や欠かせないのがネット広告。「出稿しているものの、ちゃんと成果につながっているのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、出稿しているネット広告の効果を測らなければなりません。いわゆる「広告効果測定」という作業です。
広告効果のデータを見る上では、それぞれのデータが何を示していてどう改善すべきなのかを知っておかなければいけません。
今回は、Webマーケティング担当になったばかりの方やネット広告を始めたばかりの方向けに、広告効果測定で知っておく必要のある広告指標の意味をまとめました。

1.広告に対するユーザーの行動についての指標

インプレッション
広告が表示された回数。

インプレッション単価(CPM)
広告表示1000回あたりの単価。

この二つの指標はインプレッション、つまり認知の効果を測る指標です。この指標をもとに、広告の表示回数が適切であるかどうかを検討しましょう。


クリック数(CTS)
広告がクリックされた回数。

クリック率(CTR)
広告の表示回数に対するクリック数の割合。

クリック単価(CPC
1回のクリックの単価。

これらはトラフィック、すなわち誘導の効果に関する指標です。
クリック数が多ければそれほどサイトへ誘導できているということであり、クリック単価が低ければ効率よくサイトへ誘導できているということです。

コンバージョン(CV)
顧客獲得の成果。会員登録、商品購入など。サイトにより異なる。

コンバージョン率(CVR)
広告のクリック数に対するCV数の割合。つまり、広告をクリックしてサイトを訪れたユーザーのうちCVに到達したユーザーの割合。

顧客獲得単価(CPA)
1件のコンバージョンにかかった広告費用。

レスポンス、つまり獲得の効果を示します。
あらかじめ目標とするCVRを決めて、それを達成できているかどうかを確かめるとよいです。
また、顧客獲得単価は、広告の投資効率を考える上で重要な指標です。

2.広告費に対する売上・利益の割合を確かめる指標

ROI
投資した広告費に対する利益の割合。

ROAS
投資した広告費に対する売上の割合。

これらは費用対効果を測るうえで役立つ指標です。
媒体やクリエイティブの違いで利益がどれほど異なるのかが分かります。

以上、主要な広告指標を紹介しました。
認知効果、誘導効果、獲得効果のそれぞれについての指標と、費用対効果についての指標がありました。自分の知りたい広告効果に合わせて指標を読み取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)