【ネット広告・ツール編】初めての広告効果測定


ネット広告を運用している方、広告の成果をちゃんと把握できていますか?
広告効果測定は慣れるまで時間がかかります。効率よく適切な効果測定を行うためにはツールが欠かせません。
この記事では広告効果を測るのに使いたいツールと、それと併用して使うべきおすすめツールを紹介します。

1.広告効果測定のおすすめツール

アドエビス


広告効果測定ツールのシェアNo.1です。マーケティングの自動化・効率化を主な事業としている株式会社ロックオンのツールです。
おすすめできるポイントは3つあります。

(1)コンバージョンをリアルタイムで把握できる
どの広告が何回クリックされ、何件が成果につながったのかがすぐに分かります。

(2)間接効果を測定できる
成果に至るまでに何度も広告が表示されていた場合、始めの方にクリックされた広告を認知に寄与した間接効果の広告、CVの直前に見た広告を直接CVに結び付いた直接効果の広告といいます。CVに至った広告の効果、すなわち直接効果しか測定できないツールが多いですが、アドエビスを使えば間接効果の測定も可能です。

(3)広告成果を「質」で判断できる
広告をクリックしてCVに至ったユーザーでも、広告Aをクリックしたユーザーの購入金額は1000円で、広告Bをクリックしたユーザーの購入金額は5000円だった場合、どちらがいいかというと広告Bになります。このように、広告成果とCVの内容を結びつけた分析ができます。

ウェブアンテナ


ウェブアンテナは、株式会社Bebitが提供するツールです。Bebitは、ユーザーの行動・心理に基づいて分析することで成果を最大化するコンサルティングを行っている会社です。

(1)広告以外の流入施策も一元管理
リスティング広告、バナー広告、SNS、自然検索、お気に入り等、流入元がバラバラであるため複数のツールを使い分けているという方もいると思います。しかしウェブアンテナではそれらのデータをまとめて同じ画面で見ることができます。また、コンバージョンに至るまでのサイトへの流入履歴を、広告だけではなくSNSやお気に入りも含めて知ることができます。

(2)カスタマージャーニー分析
ユーザーがコンバージョンに至るまでの行動を自動で記録してくれるので、簡単に分析ができます。ユーザーの基本情報はもちろん、認知、興味関心、再想起、アクションのそれぞれのきっかけとなった接触が分かります。

(3)手厚いサポート
webの知識や技術面で不安を抱えている方でも、安心してツールを使うことができます。
成果指標(KPI)の策定について、他者の事例やコンサルティングの経験を生かしたアドバイスを受けられます。
ツールの導入・活用は専属の担当者がサポートしてくれます。技術面が不安でも、広告代理店やシステム会社とのやり取りを請け負ってくれます。技術を向上させたい方はBebitが開催する勉強会やセミナーに参加することができます。

2.合わせて使いたいおすすめツール

ウェブ解析の「AIアナリスト」


ネット広告の効果を測定することでどの広告がどのような流入をもたらし、CVにつながるのかが分かります。
しかし、CVに到達するのは広告だけでなく、自然検索やSNSといった流入によるものもあります。
そのため、ネット広告にとどまらずサイト全体にも気を配り、Webマーケティングの改善を図る必要があります。
そこでおすすめするのが株式会社WACULによるAIアナリストです。

このツールの特徴は、人工知能が課題の発見、解決策の提案をしてくれるところです。
アクセス解析ツールを使っていても、データを収集して分析するだけに終始していて、そのデータをどう生かせばいいのかが分からないということがあると思います。
このツールはGAと連携してデータを収集し、そこから課題を見つけて、それに応じた解決策を自動で提案してくれるので、アクセス解析の作業の効率化につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)